頭痛、しびれ、眩暈、もの忘れ、MRI検査即日診断、全身がん検査(DWIBS)、子供の頭痛等に対応。京阪京橋駅から7分、おおさか東線からのアクセスも容易。

頭部打撲について

転倒した原因の精査も重要です

頭部打撲イメージ01

頭部打撲は、日常生活やスポーツの中で、歩行中や階段での転倒や交通事故などでよく起こります。また、脳や脊髄の疾患にて歩行障害があり、転倒される方もいますので、頭部打撲したことだけでなく、転倒した原因の精査も重要です。

状況によって対処方法が大きく変わってきます。

頭部打撲すると、たんこぶ(皮下血腫)から頭蓋骨骨折、硬膜下出血、硬膜外血腫、脳挫傷などがあり、状況によって対処方法が大きく変わってきます。

頭を打った直後は、何ともなくても、後から頭蓋内出血により脳を圧迫することで、急変することがあります。手足の麻痺が出たり、意識障害が出現したり、場合によっては死に至る可能性もあるため早めの対処が必要です。

頭部を打撲した場合には、脳神経外科医師による診察が望ましいです。

脳挫傷といって脳にキズができた場合は、高次脳機能障害やてんかんなどの合併症をきたすこともあります。
高齢者の場合は、慢性硬膜下血腫といって、打撲後1か月ほどしてから症状が出現する場合もあります。

当院で実施している検査:CT like inverted VIBE MRI のご紹介

頭部打撲で病院に救急搬送されると、頭部CTで頭蓋内出血や頭蓋骨骨折の有無を評価する場合が多いです。
CT検査では、放射線被曝の問題があります。
小児のCT検査は、4回以上でがんのリスクが上昇します。

18歳以前にCTによる放射線被曝を受けた若年者の癌リスクを、症例対照研究で検討。その結果、若年層で癌リスクが上昇することが確認された。

6歳以前に4回以上のCT検査曝露で最も高く、次いで7~12歳および13~18歳での曝露で高かった

Wang WH, et al. Risks of leukemia, intracranial tumours and lymphomas inchildhood and early adulthood after pediatric radiation exposure from compu ted tomography. CMAJ. 2023;195: E575 E583.

小児患者に対するCT 検査で放射線誘発脳腫瘍のリスクが増大する

Brain cancer after radiation exposure from CT examinations of children and young adults:results from the EPI CT cohort study Lancet Oncol. 2023 Jan;24(1):45 53.

当院では「CT like invert ed VIBE」という撮像方法にてMRIで骨折の評価を行っています。

陥没骨折

右前頭部の出っ張り

VIBE-MRI で骨腫と診断

左頬骨弓の骨折

環軸椎亜脱臼

頭部打撲後の頚部痛あり

〒536-0007 大阪市城東区成育2丁目13番27号
クリニックステーション野江 1-B

いわた脳神経外科クリニック周辺MAP

お気軽にお問い合わせください

06-6935-2335

FAX

06-6935-2336

駐車場7台あり

診療時間
 9:00~12:00
13:00~16:00
16:00~19:00

【脊椎・しびれ外来】
月曜(9:00~12:00) 木曜(13:00~19:00)

【動脈硬化外来】
月曜(14:30~19:00) 木曜(14:30~16:00/16:00~19:00)

休診日金曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセスしやすく通院に大変便利です

当院は『京阪京橋』駅から『野江』駅まで1駅約2分の乗車で、徒歩も約4分程度の計7分で到着でき、大変通院しやすい立地にあります。
また『JR野江』駅も近く『大阪』駅からでもスムーズに来院いただけます。

頭痛に悩んでる場合は、どうぞお気軽に受診ください。

電車でのアクセス
  • 京阪本線

    『野江』駅・東側出入口から 徒歩約4分

    『関目』駅から 徒歩約9分

  • JRおおさか東線

    『JR野江』駅・東口から 徒歩約7分

  • 大阪メトロ

    ・谷町線
    『野江内代』駅・1番出入口から 徒歩約12分

    ・長堀鶴見緑地線・今里筋線
    『蒲生四丁目』駅・7番出入口から 徒歩約9分

    ・今里筋線
    『関目成育』駅・1番出入口から 徒歩約9分

大阪で頭痛のことなら『いわた脳神経外科クリニック』へご相談ください。

当院は頭痛薬として、片頭痛発作治療薬『エムガルティ』、片頭痛発作治療薬『アジョビ』、急性期治療薬『レイボー』、予防治療薬『アイモビーグ』等を使用しています。
頭痛でお悩みの方は『いわた脳神経外科クリニック』へご相談ください。

最寄り駅は京阪本線『野江』駅・『関目』駅、JRおおさか東線『JR野江』駅、大阪メトロ谷町線『野江内代』駅、大阪メトロ長堀鶴見緑地線・今里筋線『蒲生四丁目』駅、大阪メトロ今里筋線『関目成育』駅と複数駅のご利用が可能です。
そのため大阪市の旭区、都島区、鶴見区、守口市などからのご来院も容易な場所に位置しております。『京橋』駅から電車と徒歩にて約10分でご来院いただける距離です。
MRI検査も即日検査可能な体制です。頭痛、痺れ、眩暈、もの忘れ、全身がん検査(ドゥイブス・DWIBS)、脳卒中の予防、子供の頭痛、生活習慣病など対応いたします。

即日対応可能なMRI検査や、全身のがん検査の対応ドゥイブス・DWIBSお子様の頭痛の診断、治療頭痛・めまい・ふらつき・痺れ・頭部外傷などの診断、治療物忘れ、認知症の診断、治療腰痛、頸部の痛みなどの脊椎疾患の診断、治療