いわた脳神経外科クリニック

2020年12月 開院予定

ごあいさつ

これまで脳卒中、脳腫瘍の先進的研究および手術を行ってまいりました。脳の病気は早期に発見し治療することが重要です。脳卒中はリスクをきちんと管理することで予防ができます。
頭痛、めまい、しびれ、物忘れなど些細な症状でも放置することなく、きちんとMRI検査することが大切です。
しかし、脳神経外科と聞くと、敷居が高く、なんとなくこわいというイメージの方が多いと思います。
当院では、気軽にすぐに検査が受けられて、専門家による詳しい説明を行うことで病気の予防に努めたいと考えています。
また近年の脳神経外科手術の目覚ましい進歩があります。提携病院先で私が手術することも可能ですが、ご希望の病院にご紹介させていただきます。
認知症の相談、生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、不整脈など)の予防や治療、脳卒中のリスクを高める睡眠時無呼吸群の治療にも対応いたします。
皆様の生活の質の向上を目指した医療を提供できればと考えております。

皆様の『脳を守る』ことをモットーにし、スタッフ一同がんばりますので、何卒よろしくお願いします。

安心、信頼、満足のいく医療を提供する。
脳のかかりつけを目指します。

オープニングスタッフ募集

当院ではスタッフを募集しております。
ご興味のある方は詳細をご覧いただき、ご応募ください。

当院について

● MRI検査対応
MRI検査

● MRI検査当日結果報告・診断・治療

● ドゥイブス・DWIBS:全身のがん検査の対応

● お子様の頭痛の診断、治療

● 頭痛・めまい・ふらつき・痺れ・頭部外傷などの診断、治療

● 物忘れ、認知症の診断、治療

● 腰痛、頸部の痛みなどの脊椎疾患の診断、治療

● 生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、不整脈など)の診断・治療・予防

● 京阪本線『京橋』駅からも電車と徒歩で約10分

開院後(2020年12月以降)のご予約を受付けております。

開院後(2020年12月以降)のご予約を受付けております。
ご希望の方は下記お申し込みフォームからお申し込みください。
確認次第、こちから連絡をさせていただきます。

LINEで情報を配信いたします。下記のQRコードでご登録ください。

  • LINEロゴLINE QRコード

インスタグラムでクリニックの紹介等を行っております。

  • InstagramロゴLINE QRコード

医師の紹介

いわた脳神経外科クリニック 院長

院 長

岩田亮一
(いわた りょういち)

現在『藍の都脳神経外科病院』で火曜と土曜の外来を担当しており、
『大阪府済生会 野江病院 救急集中治療科』でも勤務しております。

『Brain Aneurysm 脳動脈瘤治療のいま』に掲載されました。

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会 専門医・指導医
  • 日本脳神経血管内治療学会 専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本神経内視鏡学会
  • 日本頭痛学会
  • 日本脳腫瘍学会
  • 日本脳神経CI学会
  • 日本認知症学会
  • 日本抗加齢医学会

略 歴

平成18年 4月 関西医科大学附属滝井病院 研修医
平成20年 4月 岸和田市民病院脳神経外科 医員
平成22年 4月 関西医科大学附属枚方病院脳神経外科 病院助教
平成28年 4月 関西医科大学附属病院脳神経外科 助教
令和元年 9月 関西医科大学附属病院脳神経外科 講師
令和 2年 4月 関西医科大学附属病院脳神経外科 非常勤講師
社会医療法人弘道会 萱島生野病院 脳神経外科
令和 2年12月 いわた脳神経外科クリニック開院予定

留 学

平成17年 3月 トロント小児病院
The Divisions of Neurology, and †Neurosurgery, The Hospital for Sick Children and the University of Toronto, Toronto, Ontario, Canada

授賞歴

平成27年 5月 第13回 櫻根啓子賞受賞
令和 2年 4月 第28回 佐々木千枝子賞
令和 2年 第26回 日本脳神経外科学会奨励賞受賞

診療科目等

・脳神経外科

アクセス

〒536-0007
大阪市城東区成育2丁目13番27号
クリニックステーション野江 1-B

京阪本線京阪本線
『野江』駅・東側出入口から徒歩約4分
京阪本線
『関目』駅から徒歩約9分

JRおおさか東線JRおおさか東線
『JR野江』駅・東口から徒歩約7分

大阪メトロ谷町線大阪メトロ谷町線
『野江内代』駅・1番出入口から徒歩約12分
大阪メトロ長堀鶴見緑地線・今里筋線
『蒲生四丁目』駅・7番出入口から徒歩約9分
大阪メトロ今里筋線
『関目成育』駅・1番出入口から徒歩約9分

大阪シティバス『関目1丁目』から徒歩約1分
大阪シティバス『成育2丁目』から徒歩約1分
大阪シティバス路線図はこちからご覧いただけます>>

各方面からのご来院方法

駐車場7台完備

講演履歴

平成28年10月  8日 第5回 Neuro-Oncology West GBMの新規免疫治療の開発 会場:帝国ホテル
平成30年  2月17日 北河内てんかんセミナー 脳卒中の急性期治療とてんかん 会場:ホテルアゴーラ守口
平成30年  2月  8日 Expert Meeting on Neurosurgery 肺癌転移性脳腫瘍にアバスチンが著効した1例 会場:ホテルグランヴィア大阪
平成30年 8月31日 北河内脳神経外科連携を考える会 脳卒中の急性期治療とてんかん 会場:中村病院
平成30年 9月11日 知っておきたい脳外科診療 脳卒中の急性期治療とてんかん 会場:藍の都脳神経外科病院
平成30年10月17日 北河内脳神経外科連携を考える会 脳卒中の急性期治療とてんかん 会場:向山病院
平成30年12月12日 MR研修会(エーザイ) 脳卒中とてんかん 会場:エーザイ・大阪オフィス
平成31年  2月23日 脳外科 病診連携の会 複雑部分発作とぺランパネルの安全性について  会場:ホテル・アゴーラ大阪守口
平成31年  3月  2日 市民公開講座 その頭痛、実は危険なサインかも 会場:関西医科大学
令和元年  5月20日 MR研修会(エーザイ) 脳卒中とてんかん 会場:エーザイ・大阪オフィス
令和元年 7月25日 地域で考える脳卒中セミナー 脳卒中の急性期治療とてんかん 会場:ホテルアゴーラ守口
令和元年 8月29日 北河内脳外科連携を考える会 脳卒中後てんかんにおける最新の話題 会場:向山病院
令和元年12月 6日 リバーサイドカンファレンス 腫瘍微小環境から考えるグリオーマ 会場:大阪医科大学
令和 2年 2月15日 てんかん診療Updateセミナー 脳卒中後てんかんについて 会場:ホテル日航大阪
令和 2年 2月21日 Brain Disease Seminar 脳卒中の急性期治療とてんかん 会場:Web講演
令和 2年 7月14日 脳卒中後てんかん ZOOMセミナー 会場:Web講演

競争的研究費

科研費 基盤研究(C) 2014 - 2018
ヒト癌幹細胞に対するIFN-α賦活BID遺伝子/放射線集学的治療の検討 研究代表者:津野隆哉、役割:研究分担者
科研費 若手研究(B) 2015 - 2017
B7 familyを標的にした膠芽腫の癌幹細胞に対する新規治療法の開発 役割:研究代表者
科研費 基盤研究(C) 2015 - 2018
グリオーマ癌幹細胞を標的とした樹状細胞療法の開発に関する基礎研究 研究代表者:淺井昭雄、役割:研究分担者
科研費 基盤研究(C) 2017 - 2020
グリオーマ癌幹細胞特異的に発現する新規バイオマーカーの機能解析 研究代表者:丸山正人、役割:研究分担者
科研費 基盤研究(C) 2018 - 2020
グリオーマ幹細胞を用いたがん組織表現型と遺伝子発現への麻酔薬の影響の検討 研究代表者:岩井鉄平、役割:研究分担者
科研費 基盤研究(C) 2018 - 2020
グリオーマがん幹細胞におけるOX40シグナルの機能解析 研究代表者:淺井昭雄 役割:研究分担者
科研費 若手研究 2019 - 2020
脳転移開始細胞を用いた脳転移の機序解明 役割:研究代表者
科研費 基盤研究(C) 2020- 2022
ムコリピンを標的としたがん根治・予防を可能とする治療薬の創出 研究代表者:林美樹夫、役割:研究分担者
科研費 基盤研究(C) 2020 - 2022
内向き整流Kチャネルを基軸としたグリオーマ浸潤メカニズムの解明 研究代表者:吉村晋一、役割:研究分担者
公益財団法人 赤枝医学研究財団 研究助成金
脳転移開始細胞を標的とした新規がん治療法の開発
日本医療研究開発機構(AMED) 2020年4月 - 2021年3月
革新的医療技術創出拠点プロジェクト ムコリピンを標的としたがん予防薬の開発 研究代表者:林美樹夫、役割:研究分担者
日本医療研究開発機構(AMED)
創薬ブースター事業 インテグリン阻害による新規神経膠芽腫治療薬の探索 研究代表者:池田幸樹、役割:研究分担者

論文(英語)

2020
1. ICOSLG-mediated regulatory T-cell expansion and IL-10 production promote progression of glioblastoma.
Ryoichi Iwata (corresponding author), Joo Hyoung Lee, Mikio Hayashi, Umberto Dianzani, Kohei Ofune, Masato Maruyama, Souichi Oe, Tomoki Ito, Tetsuo Hashiba, Kunikazu Yoshimura, Masahiro Nonaka, Yosuke Nakano, Lyse Norian, Ichiro Nakano, Akio Asai. Neuro-Oncology, 22(3):333-344, 2020. impact factor:10.091
DOI: doi.org/10.1093/neuonc/noz204
2019
1. The immunomodulatory-drug, lenalidomide, sustains and enhances interferon alpha production by human plasmacytoid dendritic cells.
Kibata K, Ito T, Inaba M, Tanaka A, Iwata R, Inagaki-Katashiba N, Thi Xuan Vien P, Satake A, Nomura S. Journal of Blood Medicine, 10: 217-226, 2019.
DOI: doi.org/10.2147/JBM.S206459
2018
1. Functional expression of inwardly rectifying K+ channel in glioblastoma stem-like cells.
Hayashi M, Iwata R, Andharia N, Ofune K, Yoshimura K, Nonaka M, Asai A, Matsuda H. The Journal of Physiological Sciences, 68(Suppl 1):196, 2018.
DOI: 不詳
2. (P2.03-05) Biologic Profiling of Brain Metastasis from Non-Small Cell Lung Cancer.
Saito T, Iwata R, Maruyama M, Nakano Y, Ofune K, Matsuda S, Kaibori M, Murakawa T, Hayashi M. Journal of Thoracic Oncology, 13(10): S717-S718, 2018.
DOI: doi.org/10.1016/j.jtho.2018.08.1192
2017
1. Application of transpulmonary thermodilution monitoring (PiCCO) in patients with neurogenic pulmonary edema and acute obstructive hydrocephalus due to a central neurocytoma: A case report.
Ryoichi Iwata, Kunikazu Yoshimura, Yoko Fujita, Tatsuo Uesaka, Hideyuki Oshige, Akio Asai.
Interdisciplicary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management, 8: 57-59, 2017.
DOI: doi.org/10.1016/j.inat.2017.01.014
2. Hyperperfusion syndrome after clipping of an unruptured aneurysm by transsylvian approach: A Case Repot.
Ryoichi Iwata, Kunikazu Yoshimura, Yoko Fujita, Tatsuo Uesaka, Hideyuki Oshige, Akio Asai.
Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management, 8: 11-13, 2017.
DOI: doi.org/10.1016/j.inat.2017.01.010
3. Establishment of a tumor sphere cell line from a metastatic brain neuroendocrine tumor.
Ryoichi Iwata, Masato Maruyama, Tomoki Ito, Yosuke Nakano, Yonehiro Kanemura, Taro Koike, Souichi Oe, Kunikazu Yoshimura, Masahiro Nonaka, Shosaku Nomura, Tetsuo Sugimoto, Hisao Yamada, Akio Asai.
Medical Molecular Morphology, 50(4):211-219, 2017.
DOI: doi.org/10.1007/s00795-017-0160-0
4. 5-ALA fluorescence-guided endoscopic surgery for mixed germ cell tumors.
Junichi Takeda, Masahiro Nonaka, Yi Li, Yumiko Komori, Takamasa Kamei, Ryoichi Iwata, Tetsuo Hashiba, Kunikazu Yoshimura, Akio Asai.
Journal of Neuro-Oncology, 134:119–124, 2017.
DOI: doi.org/10.1007/s11060-017-2494-9
5. Enlarging pediatric ectopic Rathke’s cleft cyst in the prepontine cistern: case report.
Takamasa Kamei, Masahiro Nonaka, Yoshiko Uemura, Yasuo Yamanouchi, Yumiko Komori, Ryoichi Iwata, Junichi Takeda, Tetsuo Hashiba, Kunikazu Yoshimura, Akio Asai.
Journal of neurosurgery Pediatrics, 20:480-484, 2017.
DOI: doi.org/10.3171/2017.6.PEDS1727
6. Emergency endovascular revascularization of tandem occlusions: Internal carotid artery dissection and intracranial large artery embolism.
(内頚動脈解離によるタンデム閉塞に対して急性期血行再建治療を行った1例)
Isao Sasaki, Tatsuya Yano, Satoshi Suzuki, Keisaku Kobayashi, Takahiro Eguchi, Ryoichi Iwata, Kunikazu Yoshimura, Akio Asai.
Neurosurgical Emergency 22(1): 65-69, 2017.
7. (STEM-23.) DEVELOPMENT OF NEW THERAPIES FOR GLIOBLASTOMA MULTIFORME TARGETING NONSELECTIVE CATION CHANNELS.
Ryoichi Iwata, Kohei Ofune, Mikio Hayashi, Kunikazu Yoshimura, Masahiro Nonaka, Hiroko Matsuda, Akio Asai. Neuro-Oncology 19(suppl_6): vi230-vi231, 2017.
DOI: doi.org/10.1093/neuonc/nox168.938
2016
1. Serine/Threonine Kinase MLK4 Determines Mesenchymal Identity in Glioma Stem Cells in an NF-κB-dependent Manner.
Kim SH, Ezhilarasan R, Phillips E, Gallego-Perez D, Sparks A, Taylor D, Ladner K, Furuta T, Sabit H, Chhipa R, Cho JH, Mohyeldin A, Beck S, Kurozumi K, Kuroiwa T, Iwata R, Asai A, Kim J, Sulman EP, Cheng SY, Lee LJ, Nakada M, Guttridge D, DasGupta B, Goidts V, Bhat KP, Nakano I. Cancer Cell, Cancer Cell, 29(2): 201-213, 2016.
DOI: doi.org/10.1016/j.ccell.2016.01.005
2015
1. (IMPS-16)MESENCHYMAL TYPE GLIOMA STEM CELL EXPRESS ICOS LIGAND AND UPREGULATE ICOS+IL-10+ T CELLS.
Iwata R, Ito T, Inaba M, Koike T, Oshige H, Yoshimura K, Nonaka M, Yamada H, Nomura S, Dianzani U, Nakano I, Asai A. Neuro-Oncology, 17(suppl 5):v116-v116, November 2015.
DOI: doi.org/10.1093/neuonc/nov217.16
2014
1. (IT-14)Mesenchymal glioma stem cell express ICOSL.
Ryoichi Iwata, Ichiro Nakano.et al. Neuro-Oncology 16(suppl 5):v112-v112 · November 2014
DOI: doi.org/10.1093/neuonc/nou258.12
2. (CN-08)Therapeutical doses of temozolomide do not impair the function of dendritic cells.
Ryoichi Iwata, Tomoki Ito, et al. Neuro-Oncology 16(suppl 5):v47-v47 · November 2014
DOI:doi.org/10.1093/neuonc/nou243.8
3. Treatment of Symptomatic Spasm after subarachnoid hemorrhage. Kunikazu Yoshimura, Takuya Kawaguchi, Hideyuki Oshige, Junichi Takeda, Tatsuo Uesaka, Ryoichi Iwata, Yasuo Sakurai, Akio Asai. Proceedings of the Spasm Symposium, 29, 31-34, 2014
DOI:不詳
4. A case of parietal atretic cephalocele. Kenta Ohara, Hideyuki Oshige, Ryoichi Iwata, Kunikazu Yoshimura, Akio Asai.
Progress in Neuro-Oncology, 21, 44-47, 2014
2013
1. Two cases report of rare cranial plasmacytosis. (稀な頭蓋骨形質細胞腫の2例)
Hideyuki Oshige, Yasuo akurai, Ryoichi Iwata, Takuya Kawaguchi, Kunikazu Yoshimura, Akio Asai.
Progress in Neuro-Oncology, 20, 54-57, 2013.
DOI: doi.org/10.11452/neurooncology.20.1_54
2010
1. Diagnosis of Anterior Inferior Cerebellar Artery Occlusion on Magnetic Resonance Angiography With Reference to Basiparallel Anatomic Scanning-Magnetic Resonance Imaging.
Iwata R, Yamashita K, Nishikawa T, Kajiwara M, Ueba T. Neurologia medico-chirurgica (Tokyo), 50(11): 987-989, 2010.
DOI: doi.org10.2176/nmc.50.987
2. Plasma Level of Platelet-Derived Microparticles Is Associated with Coronary Heart Disease Risk Score in Healthy Men.
Ueba T, Nomura S, Inami N, Nishikawa T, Kajiwara M, Iwata R, Yamashita K. Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 17(4):342-349, 2010.
DOI: doi.org/10.5551/jat.2964
3. Correlation and association of plasma interleukin-6 and plasma platelet-derived microparticles, markers of activated platelets, in healthy individuals. Ueba T, Nomura S, Inami N, Nishikawa T, Kajiwara M, Iwata R, Yamashita K. Thrombosis Research, 125(6): e329-e334, 2010.
DOI: doi.org/10.1016/j.thromres.2010.03.004
4. Early detection of metachronous brain metastases by biannual brain MRI follow-up may provide patients with non-small cell lung cancer with more opportunities to have radiosurgery.
Nishikawa T, Ueba T, Kawashima M, Kajiwara M, Iwata R, Kato M, Miyamatsu N, Yamashita K. Clin Neurol Neurosurg, 112(9):770-774, 2010.
DOI: doi.org/10.1016/j.clineuro.2010.06.009
5. Preventive Effect of Aggressive Blood Pressure Lowering on Hematoma Enlargement in Patients With Ultra-acute Intracerebral Hemorrhag.
Nishikawa T, Ueba T, Kajiwara M, Iwata R, Miyamatsu N, Yamashita K. Neurologia medico-chirurgica (Tokyo), 50(11):966-971, 2010.
DOI: doi.org/10.2176/nmc.50.966
2009
1. A case of ruptured aneurysm of distal AICA buried in the internal auditory canal.
Ryoichi Iwata, Kosuke Yamashita, Motohiro Kajiwara, Tomohumi Nishikawa, Tetsuya Ueba, Kitano Hospital journal of medicine, 54, 29-33, 2009
2008
1. Combined treatment of ruptured aneurysm accompanied by intraventricular hemorrhage; neuroendoscopy and coiling: case report.
Nishikawa T, Ueba T, Kajiwara M, Iwata R, Yamashita K. Minim Invasive Neurosurg, 51(6):354-357, 2008.
DOI: 10.1055/s-0028-1085453
2007
1. Dynamic Changes of Ictal High-Frequency Oscillations in Neocortical Epilesy: Using Multiple Band Frequency Analysis.
Ayako Ochi, Hiroshi Otsubo, Elizabeth J. Donner, Irene Elliott, Ryoichi Iwata, Takanori Funaki, Yoko Akizuki, Tomoyuki Akiyama, Katsumi Imai, James T. Rutka, and O.Carter Snead 3rd.
Epilepsia, 48(2):286-296, 2007.
DOI: doi.org/10.1111/j.1528-1167.2007.00923.x
2. The α2-adrenergic receptor antagonist yohimbine improves endotoxin-induced inhibition of gastrointestinal motility in mice.
Hamano N, Inada T, Iwata R, Asai T, Shingu K. British Journal of Anaesthesia 98(4):484-490, 2007.
DOI: doi.org/10.1093/bja/aem011
2004
1. Non-steroidal anti-inflammatory drugs protect amyloid β protein-induced increase in the intracellular Cl− concentration in cultured rat hippocampal neurons.
Ryoichi Iwata, Kaori Kitagawa, Nan-Yan Zhang, Bo Wu, Chiyoko Inagaki.
Neurosci Lett 367(2):156-159, 2004.
DOI: doi.org/10.1016/j.neulet.2004.05.103

論文(日本語)

2020
1. 急性期血栓回収術におけるNBCAを用いた動脈穿孔のトラブルシューティング
脳卒中の外科: 48巻 5号(平成 32年 9月発行)
2. グリオーマにおける一過性受容体電位型チャネルの分子基盤
林 美樹夫, 岩田 亮一, 羽柴 哲夫, 埜中 正博, 淺井 昭雄.
Neuro-Oncologyの進歩, 27(1): 5-16, 2020.
DOI: https://doi.org/10.11452/neurooncology.27.1_5
2019
1. 外傷性前脈絡叢動脈癌に対して瘤内塞栓を行った一例
岩田亮一,須山武裕,羽柴哲夫,吉村晋一,埜中正博,淺井昭雄.
Neurosurgical Emergency, 24(2):196-200, 2019.
DOI: doi.org/10.24723/jsne.24.2_196
2. 破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術後の血腫増大例の検討
岩田亮一、須山武裕、吉村晋一、山村奈津美、磯崎春菜、李一、宮田真友子、内藤信晶、亀井孝昌、小森裕美子、島田志行、羽柴哲夫、埜中正博、淺井昭雄.
CI研究, 41(2):87-93, 2019.
3. 小児eloquent areaの脳実質内腫瘍に対する覚醒下腫瘍摘出術 (原著論文)
磯崎 春菜, 埜中 正博, 亀井 孝昌, 永島 史生, 岩田 亮一, 淺井 昭雄.
小児の脳神経, 44(1): 66-69, 2019.
J-GLOBAL ID:201902242227143412 整理番号:19A0699310
2018
1. 転移性脳腫瘍とがん幹細胞の関連.
岩田 亮一, 丸山 正人, 大舟 晃平, 中野 洋輔, 大江 総一, 林 美樹夫, 吉村 晋一, 埜中 正博, 淺井 昭雄.Cytometry Research, 28(1): 13−18, 2018.(査読あり)
DOI: doi.org/10.18947/cytometryresearch.28.1_13
2. 3.0T MRI 3D T1強調black blood imagingにより経時的変化をとらえた虚血発症頭蓋内内頸動脈解離の1例.
佐々木 庸, 岩田 亮一, 鈴木 聡, 永島 宗紀, 矢野 達也, 小林 啓作, 江口 貴博, 宮崎 晃一, 浅井 克則, 吉村 晋一, 淺井 昭雄. CI研究 (0918-7073) 40(2):75-79, 2018.
2017
1. 内頸動脈解離によるタンデム閉塞に対して急性期血行再建治療を行った1例.
(Emergency endovascular revascularization of tandem occlusions: Internal carotid artery dissection and intracranial large artery embolism.)
佐々木 庸, 矢野 達也, 鈴木 聡, 小林 啓作, 江口 貴博, 宮崎 晃一, 岩田 亮一, 吉村 晋一, 淺井 昭雄. Neurosurgical Emergency (1342-6214), 22(1): 65-69, 2017.
2. 放射線化学療法同期治療中にGrowing teratoma syndromeを呈した頭蓋内混合型胚細胞腫の一例. 李 一, 埜中 正博, 野田 幸弘, 亀井 孝昌, 染野 裕美子, 二宮 英樹, 岩田 亮一, 大石哲也, 武田 純一, 大重 英行, 吉村 晋一, 淺井 昭雄.
Neuro-Oncologyの進歩, 24(1):18-21, 2017.
DOI: doi.org/10.11452/neurooncology.24.1_18
3. Pilocytic astrocytoma再発の1例.
李 一, 埜中 正博, 亀井 孝昌, 染野 裕美子, 二宮 英樹, 岩田 亮一, 大石 哲也, 武田 純一, 大重 英行, 吉村 晋一, 淺井 昭雄.Neuro-Oncologyの進歩, 24(1):22-26, 2017.
DOI: doi.org/10.11452/neurooncology.24.1_22
2016
1. 初診時に診断に至らなかった破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血の検討
吉村晋一, 武田純一, 亀井孝昌, 川口琢也, 岩田亮一, 大石哲也, 上坂達郎, 大重英行, 須山武裕, 埜中正博, 淺井昭雄.Neurosurgical Emergency, 21(1): 21-26, 2016.
2. 治療後長期間生存している悪性視神経膠腫の1 例.
藤原望, 中内正志, 正健一郎, 山田晴彦, 最所千晶, 岩田亮一, 亀井孝昌, 淺井昭雄, 髙橋寛二.臨床眼科, 70: 1473-1478, 2016
3. 【脳腫瘍学-基礎研究と臨床研究の進歩-】 転移性脳腫瘍 転移性脳腫瘍の治療
岩田 亮一, 淺井 昭雄. 日本臨床, 74巻増刊7 脳腫瘍学:752-756, 2016.
2014
1. 当施設における症候性脳血管攣縮 当院におけるSAH後の遅発性症候性脳血管攣縮に対する治療
吉村 晋一, 川口 琢也, 大重 英行, 武田 純一, 上坂 達郎, 岩田 亮一, 龍 尭志, 櫻井 靖夫, 淺井 昭雄. 脳血管攣縮, 29: 31-34, 2014
2. parietal atretic cephalocele の一例
小原健太, 大重英行, 岩田亮一, 吉村晋一, 淺井昭雄. Neuro-Oncologyの進歩, 21(2), 44-47, 2014.
3. 腫瘍性疾患 神経上皮性腫瘍 上衣系腫瘍 退形成性上衣腫.
岩田亮一, 淺井昭雄. 日本臨床, 別冊(神経症候群III):86-89, 2014.
4. 腫瘍性疾患 神経上皮性腫瘍 上衣系腫瘍 上衣腫.
岩田亮一, 淺井昭雄. 日本臨床, 別冊(神経症候群III):82-85, 2014.
5. 視神経萎縮で発見された眼窩深部の巨大表皮様嚢胞の1例
藤原 敦子, 城 信雄, 有澤 章子, 大中 誠之, 木村 元貴, 高橋 寛二, 岩田 亮一, 淺井昭雄, 植村 芳子. 臨床眼科, 68(9):1329-1334, 2014. DOI: doi.org/10.11477/mf.1410105387
2013
1. 稀な頭蓋骨plasmacytomaの2例.
大重英行、櫻井靖夫、岩田亮一、川口琢也、吉村晋一、淺井昭雄.
Neuro-Oncologyの進歩, 18(1):1-4, 2013.
2. 稀な頭蓋骨形質細胞腫の2例. (Two case reports of rare cranial plasmacytomas)
大重英行, 櫻井靖夫, 岩田亮一, 川口琢也, 吉村晋一, 淺井昭雄.
Neuro-Oncologyの進歩 20(1):54-57, 2013.
DOI: doi.org/10.11452/neurooncology.20.1_54
3. 前大脳動脈dolichoectasiaの画像診断戦略
大重 英行, 吉村 晋一, 岩田 亮一, 葛岡 桜, 津田 快, 上坂 達郎, 淺井 昭雄, 河本 圭司. CI研究 35(1): 43-50, 2013.
4. A case of ruptured aneurysm of distal AICA buried in the internal auditory canal. Ryoichi Iwata, Kosuke Yamashita, Motohiro Kajiwara, Tomohumi Nishikawa, Tetsuya Ueba, Kitano Hospital journal of medicine, 54, 29-33, 2009

著書

2019
1. 【プライム脳神経外科 3】 脳・脊髄動静脈奇形と頭蓋内・脊髄硬膜動静脈瘻
第I章 脳・脊髄動静脈奇形と頭蓋内・脊髄硬膜動静脈瘻の臨床病態と診断
1.脳動静脈奇形の臨床病態・・・大石哲也, 吉村晋一, 岩田亮一, 淺井昭雄
成因と発育 / 分子生物学 / 疫学 / 自然歴 / 分類 / 臨床病態
三輪書店
2017
1. 髄膜腫の治療
脳腫瘍取り扱い規約 第4版
2016
1. 転移性脳腫瘍の治療
日本臨牀 脳腫瘍学 -基礎研究と臨床研究の進歩-, 74(7): 752-756, 2016
岩田亮一, 淺井昭雄
2015
1. すぐに役立つ脳神経外科救急ハンドブック改訂2版 日本脳神経外科救急学会 編
発行:メディカ出版 2015年02月
<III>感染 ◆中枢神経系感染症
岩田亮一・浅井昭雄
2014
1. 上衣腫
別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ No.28 神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて- Ⅲ, 82-85, 2014
2. 退形成性上衣腫
別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ No.28 神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて- Ⅲ, 86-89, 2014
岩田亮一, 淺井昭雄

国際学会

2019
1. 2019WFNS (World Federation of Neurosurgical Societies)、2019/09/**, Beijing, China
Ryoichi Iwata, Takehiro Suyama, Yi Li, Akio Asai.
Usefulness of middle meningeal artery embolization with ultra-low concentration NBCA for intractable chronic subdural hematoma
2. The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress、2019/03/29、Kobe, Japan
Hayashi M, Iwata R, Andharia N, Ofune K, Yoshimura K, Nonaka M, Asai A, Matsuda H.
Electrophysiological properties of inwardly rectifying K+ channel in glioblastoma stem-like cells
3. The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress、2019/03/29、Kobe, Japan
Ofune K, Iwata R, Hayashi M, Yoshimura K, Nonaka M, Asai A.
The effect of anti-arrhythmic drugs on glioma stem cells
4. The 2nd International Cancer Research Symposium of Training Plan for Oncology Professionals、2019/02/03、Osaka, Japan
Kohei Ofune, Tomohito Saito, Ryoichi Iwata, Mikio Hayashi, Kunikazu Yoshimura, Masahiro Nonaka, Tomohiro Murakawa, Akio Asai.
Biologic profiling of patient-matched primary lung cancer and its brain metastasis
2018
1. IASLC 19th World Conference on Lung Cancer、2018/09/23、Toronto, Canada
Tomohito Saito, Ryoichi Iwata, Masato Maruyama, Yosuke Nakano, Kohei Ofune, Satoshi Matsuda, Masaki Kaibori, Tomohiro Murakawa, Mikio Hayashi.
Biologic Profiling of Brain Metastasis from Non-Small Cell Lung Cancer
2017
1. AACR(American Association for Cancer Research), Tumor Immunology and Immunotherapy , 2017/10/1-4, Boston, MA, USA
Takaya Tsuno, Ryoichi Iwata, Shohei Kanno, Noboru Tanigawa, Tetsuya Ueba.
New drug repositioning of low-dose pegylated IFN-alpha in combination with BH3 interacting domain death agonist gene and radiation therapy as a cancer treatment regimen
2. The 22nd Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-oncology (SNO)、2017/11/**、San Francisco, USA
R Iwata, K Ofune, M Hayashi, K Yoshimura, M Nonaka, H Matsuda, A Asai.
Development of new therapies for Glioblastoma multiforme targeting nonselective cation channels
3. 2017年5月24日―26日、ベルリン、ドイツ
Endovascular treatment of traumatic cerebrovascular injury
Ryoichi Iwata, Kunikazu Yoshimura, Takehiro Suyama, Yuko Komori, Yi Li, Takamasa Kamei, Junichi Takeda, Tetsuo Hashiba, Masahiro Nonaka, Akio Asai
2016
1. The 13th Asian Society for Neuro-oncology (ASNO) Meeting、2016/09/**、Sydney, Australia
Ryoichi Iwata, Masashi Segawa, Yumiko Someno, Takamasa Kamei, Junichi Takeda, Tetsuo Hashiba, Kunikazu Yoshimura, Masahiro Nonaka, Akio Asai.
Effect of Temozolomide on Brain Metastasis of neuroendocrine carcinoma
2. 17th International Congress of Immunology、2016/08/**、メルボルン
Phan Thi Xuan Vien, Tomoki Ito, Muneo Inaba, Kayoko Kibata, Noriko Inagaki-Katashiba, Akihiro Tanaka, Ryoichi Iwata, Shosaku Nomura.
Immunomodulatory Drugs (IMiDs), lenalidomide and pomalidomide, have regulatory functions for human myeloid dendritic cells.
2015
1. The 44th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Neurosurgery、2016/10/**、Kobe, Japan
Yumiko Someno, Masahiro Nonaka, Takamasa Kamei, Iwata Ryoichi, Junichi Takeda, Tetsuo Hashiba, Kunikazu Yoshimura, Akio Asai.
Symtomatic congenital tetherd cord developed in adulthood
2. ASNO 2015 12th Meeting of the Asian Society for Neuro-Onclology、2015/09/**、Manila, Philippines
Ryoichi Iwata, Tomoki Ito, Muneo Inaba, Noriko Katashiba, Kayoko Kibata, Akihiro Tanaka, Phan Thi Xuan Vien, Hideyuki Oshige, Kunikazu Yoshimura, Takehiro Suyama, Masahiro Nonaka, Shosaku Nomura, Akio Asai.
Therapeutical dose of Temozolomide inhibit IL-10 production by dendritic cells and enhance the CTL response
3. the 20th Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Onclology、2015/11/**、Texas, USA、
Iwata R, Ito T, Inaba M, Koike T, Oshige H, Yoshimura K, Nonaka M, Yamada H, Nomura S, Dianzani U, Nakano I, Asai A.
Mesenchymal type Glioma Stem Cell express ICOS Ligand and upregulate Tr1 cells
4. the 4th International CNS Germ Cell Tumor Symposium、2015/04/**、Tokyo, Japan
Masahiro Nonaka, Takamasa Kamei, Ryoichi Iwata, Junichi Takeda, Hideyuki Ohshige, Kunikazu Yoshimura, Akio Asai.
Yolk sac tumor of the cerebellar hemisphere. Case report
2014
1. DC 2014 - 13th International Symposium on Dendritic Cells
Analogs of thalidomide acts as immunomodulatory of human myeloid dendritic cells. Vien Phan, Ryoichi Iwata, Tomoki Ito.
2. DC 2014 - 13th International Symposium on Dendritic Cells
Therapeutical doses of temozolomide inhibit IL-10 production by dendritic cells and enhance the CTL response. Ryoichi Iwata, Tomoki Ito. フランス
2010
1. Joint Neurosurgical Convention 2010 一般口演、
Endoscopic fenestration of the foramen of Magendie for Fourth Ventricle Outlet Occlusion after fourth ventricular hemorrhage.
Ryoichi Iwata, MD; Tomofumi Nishikawa, MD, PhD; Motohiro Kajiwara, MD; Tetsuya Ueba, MD, PhD; Kohsuke Yamashita, MD, PhD

学会発表 筆頭

  1.   1. 第30回日本サイトメトリー学会学術集会、2020/5/** 誌上開催、シンポジウム (感染症拡大予防のため)
    岩田亮一, 林美樹夫, 埜中正博, 淺井昭雄 (プログラム抄録集p26)
    S2-2 シンポジウム2[癌免疫のサイトメトリーと細胞解析] GBMに対するICOSLGを標的とした新規治療法の開発
  2.   2. 第35回日本脳神経血管内治療学会学術総会、2019/11/22、福岡
    岩田亮一, 須山武裕, 川野晴香, 上野勝也, 内藤信晶, 山村奈津美, 李一, 武田純一, 羽柴哲夫, 吉村晋一, 埜中正博, 淺井昭雄
    プラスグレルが著効したステント内血栓症の2例
  1.   3. 2019WFNS (World Federation of Neurosurgical Societies)、2019/09/**、Beijing, China
    Ryoichi Iwata, Takehiro Suyama, Yi Li, Akio Asai.
    Usefulness of middle meningeal artery embolization with ultra-low concentration NBCA for intractable chronic subdural hematoma
  2.   4. 第44回日本脳卒中学会学術集会、2019/03/21、横浜
    岩田亮一, 佐々木庸, 永島宗紀, 矢野達也, 鈴木聡, 山下晋, 江口貴博, 宮崎晃一, 栗林厚介, 淺井昭雄
    海馬梗塞による急性発症健忘における脳活バランサーの有用性
  3.   5. 第24回日本脳神経外科救急学会、2019/02/01、大阪、シンポジウム
    岩田亮一, 須山武裕, 吉村晋一, 亀井孝昌, 李一, 島田志行, 羽柴哲夫, 埜中正博, 岩瀬正顕, 淺井昭雄
    破裂脳動脈瘤塞栓術におけるadjunctive techniqueを要した治療成績
  4.   6. 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会、2018/11/22、仙台
    岩田亮一, 須山武裕, 内藤信晶, 李強, 山村奈津美, 宮田真友子, 亀井孝昌, 羽柴哲夫, 吉村晋一, 埜中正博, 淺井昭雄
    当院における破裂BA-SCA嚢状動脈瘤に対する血管内治療
  5.   7. 日本脳神経外科学会第77回学術総会、2018/10/10、仙台
    岩田亮一, 須山武裕, 内藤信晶, 李強, 山村奈津美, 宮田真友子, 亀井孝昌, 羽柴哲夫, 吉村晋一, 埜中正博, 淺井昭雄
    破裂BA-SCA嚢状動脈瘤に対する治療
  6.   8. 第36回日本脳腫瘍病理学会、2018/09/25、東京、シンポジウム
    Ryoichi Iwata, Mikio Hayashi, Masato Maruyama, Souichi Oe, Tomoki Ito, Masahiro Nonaka, Hisao Yamada, Umberto Dianzani, Ichiro Nakano, Akio Asai.
    ICOSLG-mediated IL-10 producing regulatory T cell expansion promotes progression of glioblastoma multiforme
  7.   9. 第43回日本脳卒中学会学術集会、2018/03/16、福岡
    岩田亮一, 須山武裕, 吉村晋一, 磯崎春菜, 李一, 宮田真友子, 亀井孝昌, 小森裕美子, 島田志行, 羽柴哲夫, 埜中正博, 淺井昭雄
    破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術後に動脈瘤再破裂とは関連なく血腫が増大した症例の後方視的検討
  8. 10. 第47回日本脳卒中の外科学会学術集会、2018/03/16、福岡
    岩田亮一, 佐々木庸, 永島宗紀, 矢野達也, 鈴木聡, 小林啓作, 江口貴博, 宮崎晃一, 栗林厚介, 淺井昭雄
    急性期血行再建術における動脈穿孔のトラブルシューティング
  9. 11. 第41回日本脳神経CI学会総会、2018/03/02、新潟、口演
    岩田亮一, 須山武裕, 吉村晋一, 磯﨑春菜, 李一, 亀井孝昌, 島田志行, 羽柴哲夫, 埜中正博, 淺井昭雄
    破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術後に再破裂とは関連なく血腫が増大した症例の検討
  10. 12. 第15回がんとハイポキシア研究会、2017/11/**、淡路
    岩田亮一, 大舟晃平, 伊藤量基, 丸山正人, 大江聡一, 羽柴哲夫, 吉村晋一, 埜中正博, 山田久夫, 浅井昭雄
    グリオーマがん幹細胞で発現するICOSLGの機能
  11. 13. 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会、2017/11/**、東京
    岩田亮一, 須山武裕, 吉村晋一, 山村奈津美, 宮田真友子, 磯崎春奈, 李一, 亀井孝昌, 武田純一, 羽柴哲夫, 埜中正博, 淺井昭雄
    VA-PICA分岐部動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績
  12. 14. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会、2017/11/**、高松
    岩田亮一, 大舟晃平, 林美樹夫, 羽柴哲夫, 吉村晋一, 埜中正博, 松田博子, 淺井昭雄
    グリオーマがん幹細胞に対する非選択性陽イオンチャネルを標的とした治療効果
  13. 15. 第76回日本脳神経外科学会学術総会、2017/10/12、名古屋
    岩田亮一, 須山武裕, 吉村晋一, 山村奈津美, 宮田真友子, 磯崎春菜, 李一, 虎澤誠英, 亀井孝昌, 武田純一, 羽柴哲夫, 埜中正博, 淺井昭雄
    破裂VA-PICA分岐部嚢状動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績
  14. 16. 第49回日本臨床分子形態学会総会・学術集会、2017/09/**、岐阜
    岩田亮一, 丸山正人, 伊藤量基, 中野洋輔, 小池太郎, 大江聡一, 吉村晋一, 埜中正博, 野村昌作, 杉本哲夫, 山田久夫, 淺井昭雄
    神経内分泌腫瘍の転移脳組織からの癌幹細胞
  15. 17. 第27回日本サイトメトリー学会学術集会、2017/06/**、神戸
    岩田亮一, 丸山正人, 中野洋輔, 小池太郎, 大江聡一, 吉村晋一, 埜中正博, 杉本哲夫, 山田久夫, 淺井昭雄
    転移性脳腫瘍からのがん幹細胞株樹立
  16. 18. The 22nd Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-oncology (SNO)、2017/11/**、San Francisco, USA
    R Iwata, K Ofune, M Hayashi, K Yoshimura, M Nonaka, H Matsuda, A Asai.
    Development of new therapies for Glioblastoma multiforme targeting nonselective cation channels
  17. 19. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会、2017/03/17、大阪国際会議場
    岩田亮一, 須山武裕, 吉村晋一, 武田純一, 埜中正博, 淺井昭雄
    外傷性前脈叢動脈瘤に対して血管内治療を行った1例
  18. 20. 第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会、2016/11/24-26、兵庫
    岩田亮一, 須山武裕, 瀬川将史, 染野裕美子, 亀井孝昌, 三宅浩介, 武田純一, 國枝武伸, 羽柴哲夫, 吉村晋一, 埜中正博, 淺井昭雄
    外傷性椎骨動脈損傷に対して脳塞栓予防を目的にコイルを用いた近位部閉塞を行った5例
  19. 21. 第75回日本脳神経外科学会学術総会、2016/09/29-10/01、福岡
    岩田亮一, 須山武裕, 瀬川将史, 染野裕美子, 亀井孝昌, 三宅浩介, 武田純一, 國枝武伸, 羽柴哲夫, 吉村晋一, 埜中正博, 淺井昭雄
    外傷性椎骨動脈損傷に対する脳血管内治療
  20. 22. The 13th Asian Society for Neuro-oncology (ASNO) Meeting、2016/09/**、Sydney, Australia
    Ryoichi Iwata, Masashi Segawa, Yumiko Someno, Takamasa Kamei, Junichi Takeda, Tetsuo Hashiba, Kunikazu Yoshimura, Masahiro Nonaka, Akio Asai.
    Effect of Temozolomide on Brain Metastasis of neuroendocrine carcinoma
  21. 23. 第33回日本脳腫瘍学会学術集会、2015/12/**、京都
    岩田亮一, 伊藤量基, 稲葉宗夫, 小池太郎, 二宮英樹, 李一, 染野裕美子, 亀井孝昌, 武田純一, 大石哲也, 大重英行, 吉村晋一, 埜中正博, 山田久夫, 野村昌作, 中野伊知郎, 淺井昭雄
    グリオーマ癌幹細胞で発現するICOSリガンドを介した免疫制御機構の新展開
  22. 24. 第56回日本組織細胞化学会総会・学術集会、2015/10/**、大阪
    岩田亮一, 伊藤量基, 稲葉宗夫, 小池太郎, 大重英行, 吉村晋一, 埜中正博, 山田久夫, 野村昌作, 中野伊知郎, 淺井昭雄
    Mesenchymal type Glioma Stem Cell express ICOS Ligand and upregulate ICOS+IL-10+Tcells
  23. 25. 第74回日本脳神経外科学会学術総会、2015/10/**、札幌
    岩田亮一, 二宮英樹, 染野裕美子, 李一, 亀井孝昌, 大石哲也, 武田純一, 矢野達也, 大重英行, 吉村晋一, 埜中正博, 佐々木庸, 淺井昭雄
    NOAC内服患者に発症した頭蓋内出血の臨床的特徴について
  24. 26. 第25回日本サイトメトリー学会学術集会、2015/07/**、東京
    岩田亮一, 伊藤量基, 稲葉宗夫, 小池太郎, 大重英行, 吉村晋一, 埜中正博, 山田久夫, 野村昌作, 中野伊知郎, 淺井昭雄
    Mesenchymal typeのグリーマ癌幹細胞で発現するICOSリガンドは、IL-10産生T細胞を誘導する
  25. 27. 第33回日本脳腫瘍病理学会、2015/05/**、香川
    岩田亮一, 伊藤量基, 小池太郎, 大重英行, 吉村晋一, 埜中正博, 山田久夫, 野村昌作, 中野伊知郎, 淺井昭雄
    悪性神経膠腫におけるICOSリガンドを介した腫瘍免疫抑制機序について
  26. 28. the 20th Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Onclology、2015/11/**、Texas, USA、
    Iwata R, Ito T, Inaba M, Koike T, Oshige H, Yoshimura K, Nonaka M, Yamada H, Nomura S, Dianzani U, Nakano I, Asai A.
    Mesenchymal type Glioma Stem Cell express ICOS Ligand and upregulate Tr1 cells
  27. 29. ASNO 2015 12th Meeting of the Asian Society for Neuro-Onclology、2015/09/**、Manila, Philippines
    Ryoichi Iwata, Tomoki Ito, Muneo Inaba, Noriko Katashiba, Kayoko Kibata, Akihiro Tanaka, Phan Thi Xuan Vien, Hideyuki Oshige, Kunikazu Yoshimura, Takehiro Suyama, Masahiro Nonaka, Shosaku Nomura, Akio Asai.
    Therapeutical dose of Temozolomide inhibit IL-10 production by dendritic cells and enhance the CTL response
  28. 30. 第30回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会、2014/12/04~6、横浜、
    ポスター発表 岩田亮一
    中大脳動脈M2 閉塞に対してTrevo® Provue Retriever で再開通を得た一例
  29. 31. 第66回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会、2013年、一般口演 岩田亮一、大重英行、永井泰輝、川口琢也、櫻井靖夫、吉村晋一、淺井昭雄 小脳とテント上に同時発生した膠芽腫の1例
  30. 32. 第18回日本脳腫瘍の外科学会、2013年、ポスター
    岩田亮一、大重英行、亀井孝昌、川口琢也、櫻井靖夫、吉村晋一、淺井昭雄
    前頭洞内発生髄膜腫の1例
  31. 33. 第30回日本脳腫瘍学会、2012年、
    岩田亮一、大重英行、亀井孝昌、辻優一郎、新村学、津田快、川口琢也、櫻井靖夫、吉村晋一、津野隆哉、黒川弘晶、淺井昭雄
    脳幹グリオーマに対するMRSの有用性
  32. 34. 第37回日本脳卒中学会総会、2012年、
    岩田亮一、吉村晋一、高橋慧、川口琢也、大石哲也、大重英行、櫻井靖夫、小田恭弘、淺井昭雄
    未破裂脳動脈瘤のコイル塞栓術で一過性の造影剤脳症を来たした1例
  33. 35. 第17回日本脳神経外科救急学会、2012年
    岩田亮一、吉村晋一、藤田洋子、永井泰輝、高橋慧、川口琢也、大重英行、櫻井靖夫、淺井昭雄
    脳腫瘍による閉塞性水頭症にて神経原性肺水腫を来たした1例
  34. 36. 第29回日本脳腫瘍学会、2011/11/27、
    岩田亮一、大重英行、永井泰輝、津田快、上坂達郎、吉村晋一、淺井昭雄
    ダンベル型副神経鞘腫の1例 Dumbbell-shaped jugular foramen schwannomas:case report
  35. 37. 第70回日本脳神経外科学会学術総会、2011/10/12、ポスター
    岩田亮一、大重英行、永井泰輝、矢内啓、藤田洋子、津田快、上坂達郎、吉村晋一、淺井昭雄
    重症頭部外傷に対する外減圧後の骨形成術における合併症発生に影響を及ぼす因子の検討
  36. 38. 第36回日本脳卒中学会総会Stroke 2011、2011/07/30、ポスター
    岩田亮一、津田 快、上坂達雄、大重英行、吉村晋一、浅井昭雄
    未破裂脳動脈術後に過還流症候群を認めた1例
  37. 39. 第68回日本脳神経外科学会学術総会、2009年10月14日、一般口演
    岩田亮一、山下 耕助、梶原 基弘、西川 智文、上羽 哲也、市立岸和田市民病院 脳神経外科
    慢性硬膜下血腫のアウトカムに影響を及ぼす因子の検討
  38. 40. 第58回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会、2009年9月19日、一般口演
    岩田亮一、山下 耕助、梶原 基弘、西川 智文、宮崎 晃一、上羽 哲也、市立岸和田市民病院 脳神経外科
    Proximal clippingにて治療した内耳道内に埋没する破裂末梢性前下小脳動脈動脈瘤の1例、
  39. 41. 第37回日本救急医学会総会、2009/10/30、一般口演
    岩田亮一、山下 耕助、梶原 基弘、西川 智文、宮崎 晃一、上羽 哲也
    市立岸和田市民病院 脳神経外科
    Proximal clippingにて治療した内耳道内に埋没する破裂末梢性前下小脳動脈動脈瘤の1例
  40. 42. 第32回日本脳神経CI学会総会、2009/03/06、一般口演
    岩田亮一、山下耕助、梶原基弘、西川智文、上羽哲也
    AICA閉塞におけるBPASの有用性
  41. 43. 第13回日本脳神経外科救急学会、2008/01/18、
    岩田亮一, 鈴木聡史, 藤岡政行, 國澤亜以, 岸本真房, 富野敦稔, 浅井昭雄, 河本圭司, 山本透, 北澤康秀
    低血糖ストレス抵抗性であるヒト視床における低血糖昏睡後経時的MRI上の遅発性変化
  42. 44. 第554回大阪外科集談会、2006/11/18、一般口演
    岩田亮一、小池保志、中井宏治、廣岡 智、吉田秀行、辻 勝成、吉田 良、北出浩章、奥野雅史、今村 敦、川口雄才、 權 雅憲、高田秀穂
    術前卵巣嚢腫と診断された腸間膜リンパ腫の1例

募集要項

募集職種・仕事内容

[1]放射線技師

[2]臨床検査技師

[3]看護師

[4]受付事務

給与

経験、能力を考慮いたします。

[1]要相談

[2]要相談

[3]要相談

[4]要相談

勤務時間・曜日

・常勤: 8:45~19:00(休憩2時間~3時間:週40時間)

・アルバイト: 8:45~12:00 / 13:00~16:00 / 15:45~19:00

休日・休暇

・祝日、年末年始、夏期休暇

待遇

交通費支給

雇用保険

労災保険

医師国保(常勤)

応募方法

履歴書(写真貼付)にご希望勤務曜日、時間帯をご記入いただき、下記へご郵送ください。
書類選考後、面接日時をお知らせいたします。

〒604-8426
京都府京都市中京区西ノ京船塚町10-1 4階
『いわた脳神経外科クリニック開業準備室』 宛

<お問い合わせ>
taniguchi@tax-kubo.com
※ご質問以外はご遠慮下さい。

※ご郵送いただいた履歴書は採用目的のみで利用いたします。本人の承諾なく第三者には開示いたしません。

面接予定地

書類選考後、お知らせいたします。

面接予定日

書類選考後、お知らせいたします。

無題ドキュメント